リプロスキン 無添加

リプロスキンの無添加は嘘!?肌に優しいのか徹底検証

リプロスキンって無添加?刺激の強い成分配合の件

リプロスキンのような化粧水を使うとなると、気になるのは添加物です。

 

添加物とは肌に刺激になりやすく、そもそも肌のケアをする事には向いていません。

 

 

リプロスキン 無添加

 

 

となると無添加の化粧水が望ましいと思うのが普通ではないでしょうか。

 

安心して使えるのかそうでないのかというのは、とても重要な事です。

 

 

なのでこの事に関して私が調べてきた事をお伝えします。

 

 

リプロスキンは無添加?肌に刺激を与える成分は含まれてるのか

 

ニキビやニキビ後は特に肌を乾燥や刺激から守らなければいけません。

 

となるとケアの前提は刺激の少ない肌に安全なケアというのが最重要となります。

 

 

肝心のリプロスキンはどうなのかと言いますと無添加の化粧水となっていました。

 

 

リプロスキン 無添加

 

 

単純に無添加というと安心出来そうではありますが、少し成分について簡単に内容をお伝えしたいと思います。

 

安心して使っていく為には把握しておいて損はない事ですので、目を通してみてください。

 

 

リプロスキンの主成分の安全性

 

リプロスキンの主成分と言えばグリチルリチン酸ジカリウムという成分です。

 

ネット上でよくグリチルリチン酸2Kとも言われている成分がありますが、これは同じ成分となります。

 

 

これは名前は科学的なイメージがありますが、植物由来の肌にとても優しい成分です。

 

この成分には抗炎作用があり、ニキビケアには最適な成分となっています。

 

 

リプロスキン 無添加

 

 

その他ではプラセンタやスクワランという成分も含まれていますが、これらも上記成分と同様に肌に安全なものです。

 

※プラセンタは肌の代謝を促すとされている成分で、肌に優しい作用をします。

 

その他美白作用等もあり、ニキビ跡のケアに向いている成分です。

 

 

※スクワランは肌を守るという役目があり、これはいわゆる肌のバリア機能を高めてくれる成分です。

 

保湿作用に優れている成分と認識しておいてください。

 

 

肌に刺激のある保存料は不使用

 

今この記事をご覧の皆さんの中には、いろんな化粧品類にパラベンという保存料が使用されていることをご存知の方もいると思います。

 

このパラベン自体は何種類かあり、特に肌に刺激の弱いパラベンがいろんな化粧品類に使用されています。

 

 

が、実はリプロスキンにはこのパラベンすら含まれていません。

 

その為安全な無添加となっているのです。

 

 

ただ、保存料の変わりにフェノキシエタノールというアルコールは配合されています。

 

しかしこれも特別作用が強いわけではなく、肌に刺激を与える成分ではありません。

 

 

リプロスキン 無添加

 

 

実際問題保存料が一切含まれていないと、化粧水と言えど腐敗してしまいます・・・・

 

そうした状態の化粧水を気付かなかったからと言って肌に塗るわけにもいきませんよね。

 

 

なので必要最低限の量のフェノキシエタノールは含まれていますが、アルコール自体は無添加の部類となります。

 

ちなみにリプロスキンには多少香料が含まれていますが人工添加物ではありません。

 

というのも、これは植物由来のものなので他の成分同様に肌に優しい成分になります。

 

リプロスキンは微かにバラの香りがする化粧水となりますが、特別キツい匂いじゃないです。

 

 

リプロスキン・無添加についての内容まとめ

 

リプロスキンは無添加で肌に優しい化粧水です。

 

ニキビやニキビ後の肌のケアには刺激というのは不要ですし、何より刺激のあるものがケアに向くわけがありません。

 

 

なのでリプロスキンでは無添加で植物由来の成分が多く含まれているので、安心して使っていく事が出来ます。

 

私自身リプロスキンを使用していますが、肌に違和感を感じたという事はありません。

 

 

実際敏感肌の方から、混合肌や乾燥肌の方まで幅広く使用出来る化粧水です。

 

ただ一度使ってしまうと、私の様に他の化粧水への興味が薄れてしまう・・・

 

というのも覚えておいてくださいね・・・

 

 

リプロスキン

 

 

リプロスキンの公式サイトはこちら